“思い出以上、宝物未満”なモノ達を、様々な人達が持ち寄り交換する、というのがmonotaxiの主な活動です。

この活動を通じて“人とモノ、そして人と人”が繋がってゆけたら、という事を目指してます
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
monotaxi vo.3@松戸「MAD City」


2月25日に第3回目となるmontoaxiを千葉県松戸にて開催致しました!


monotaxiオーガナイザー先本と、
MAD Cityでのイベントをプロデュースしてくれた西尾くんからの挨拶から始まりました。

今回西尾君が用意してくれたのは本の帯となるカラフルな色紙。

「自分の思い入れのある本やCDに、合う色紙を選んで紹介文を書いて下さい。」

素敵な西尾君のアイディアで、全員が思い思いにCDや本にコメントを書いていきます。




コメントを書き終えたら、いよいよプレゼンの開始です!






本やCDには本当に人それぞれの思いがあって、色んな気持ちを重ねながら物を紹介するうちに
自然と自分自身の背景を語っていたり。

数分前に出会ったばかりでは聞けないような、
その人の内側も知れたようで感心したり、思わずクスっと笑ってしまったり・・
質問・回答も飛び交い、とても賑やかなプレゼンとなりました。


そして各自プレゼンが終わり、くじ引きによるどきどきの交換タイム!












物託しも終わり、本やCDを通して歓談。
本当に一日があっという間に楽しく過ぎていきました。

人とモノ、そして人と人が繋がっていけたら
今回のイベントを通して、改めて本やCDの感じ方は本当に十人十色だなぁと思いました。
今まで知らなかったことや、関心のなかった物も
楽しそうに紹介してくれる方々の話を聞いていると、その物に触れてみたくなります。
今回参加して下さった皆様とも、同じ思いを共有できていたらそれはとても幸せなことです。

本当にありがとうございました!

【monotaxiオーガナイザー】
サキモトトシノリ

photo/reporter
カツタハルナ

------------------------------------------------------------------------------------------

そして、今回のmonotaxiのイベントの成功にあたって
素敵な空間をお貸し下さった「MAD City」さんのご協力があったからこそ・・!

「MAD City」さんはJR松戸駅西口駅前を「マッドシティ」と称し、展開。
クリエイターやアーティストなどによる創造的なコミュニティづくりを進め、
より魅力あるエリアに変えていく、まちづくりのプロジェクトです。

まちづクリエイティブ「MAD City」さんの詳細はこちらからどうぞ。



イベントレポート comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://monotaxi.jugem.jp/trackback/6
<< NEW | TOP | OLD>>